スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

そこに本当の「愛」は存在するのか?

今日の朝、下の娘を保育園に送り出す前の出来事です。
いつものように、ダラダラと朝食を食べてました。
迫り来る時間に追われついつい怒り散らしてしまいました。


案の定、娘は泣き喚きながら保育園に向かいました。

いつもの、娘を怒る行為には「愛」が少しは存在します。
しかし今日の怒る行為には「愛」が全く存在しなかったと思います。
本音をいえば、親の都合、エゴだけで怒ったように思えます。(反省)


学生から青年と呼ばれる時期の「愛の対象」は異性であり、またその異性も
ほんの限られた範囲の中にしか存在しなかった。
その上、その愛情表現もぎこちなく、駆け引きも今となっては存在しなかった
ように思える。

ただ一方的に、「愛」を押し付け、与える愛だったようだ。

相手の気持ちも深く考えず、自分の気持ちをぶつけるだけで、
それが精一杯の表現の仕方であったように思える。

その頃、親に「愛」を与える事など無かったし、
異性以外に「愛」を与えていたのは、「車」とか「バイク」であり
「愛」と言うよりは「愛着」だったようだ。


結婚してからは、「愛の対象」は、ほとんど家族に注がれている。
しかし、子を持つ親としては、残虐な犯罪、もしくは災害などを
耳にすると、その被害者の方たちに、共感し、
家族に持つ愛とは、また違った形の「愛の形」が存在するのも確かだ。
年齢を重ねると「愛」の範囲も広がり固有のものから、共有するものへの
「愛」も生まれてくる。
もちろん深さとか形は違えども…。


夫婦間の「愛」は多少なりとも見返りを期待してしまう。
しかし子供への「愛」に見返りが存在してはいけないのだろうと思う。


自分の夢を子供に託すのも一つの「愛」かどうかはわからないが
それが子供の夢となれば、「愛」を与えるべきだろう。

ここでも押し付けの「愛」は相手にとって「愛」ではないという事。
(場合により押し付けの愛が正当化している事もあると思うが)


今日の自分に言い聞かせれば、そこに本当の「愛」は存在するのか?と。
間違いなく、「そこに愛は存在しなかった」


押し付けることなく、与えて、相手が見返りではなく、与えてくれる
そんな「愛」が世の中に、また自分自身にイッパイ存在すればいいのに。





AUTHOR: ももたろう DATE: 11/25/2004 08:57:04 これは難しいです。
ももたろうには、無償の愛は難しいです。
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

ももたろうさん
私にも難しいですよ。
永遠のテーマですな。
きっと、死ぬまで解らないでしょう。

tubakiさん
私が思うに…。
5番、親を舐めている。もしくは困らせてやれと思ってる。

保育園には喜んで行くし、朝はパンだし
私と、娘二人で食べてますよ。

でも毎朝同じ風景です。
学習能力なしです、親も子供も。

新米ママさん
子育ては難しいですね、本当に。
怒らない日は、ほとんどありません。
毎日が子供との格闘です、恥ずかしながら。
これかも続くんでしょうね。

>でも毎朝同じ風景です。

これが、一番本当に大事な気がします。tubakiには。
はっぴ子ちゃんたら、明日もがんばって6番の理由を生み出してほしいですね。

tubakiさん
ボキャブラリーがありません。
6番かぁ~、ん~、Zzzzz…。
あっ、寝てしまいました。

ア~会長・・これはなかなか深い記事ですね。
>押し付けることなく、与えて、相手が見返りではなく、与えてくれる
>そんな「愛
そんな愛はあるのだろうかぁ?
でも、最近・・よく自分の過去を振り返って考えます・・そういうことを。
私が相手に与えられたものは・・あるのだろうか?と。

しかし・・無償の愛だけで生きていける人は、いないのでしょうね。
限りなく近い人は・・・いらっしゃいますが。
でも、親の子に対する愛は限りなくそれに近いのではないでしょうか。
子がそれを解るのは・・・先の事ですけどね。私のように・・・。w



Cassandraさん
我が家のケースを記事にして見ました(笑)。
わがまま言い放題の娘達に怒鳴り散らす父親です。
でも、そこに「愛」はありますよ。
でもたまに、「愛」が行方不明になります。
親のエゴが表面に出て「愛」が見えなくなってます。

無償の愛は、私には無理ですね、今は。(これからも)

深いですね。
私は一生「無償の愛」を経験することはできないので。

蒼子さん
そうなんですか?。
でもね、私にも無理ですよきっと。
どこかで見返りを望んでいますから。
 
プロフィール

ハッピーエンド?

Author:ハッピーエンド?
doblogからの引越しです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。