スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

国、医療、病院、患者。

私は毎日病院に行く。もちろん仕事で。
かといって、ドクターでも看護師でもない。
だから直接、患者を治療することは出来ません。

思うに、日本の医療は世界から見てもかなりの高水準だろうと思う。
医療レベルも、そして治療を受ける患者としても。
(一部でかなり遅れている問題もあるが)
それは日本の保険制度が充実していたからである。
(実際は国民一人一人の負担だが)

それが今、崩れ去ろうとしている。

増え続ける患者、増え続ける医療費。

その増え続ける医療費を抑えるため、患者負担が増える。
その上、患者の治療において病院が国から受け取る診療報酬等の削減。
(病院の収益となるが、それが減少)
そうなると、病院側は、患者の集客努力と、病院で使用する
医療機器。材料、薬、等の購入価格を値切る努力をする。

そうなると、それに関わるすべての企業は、現在の治療・医療レベルを
落とすことなく(逆に向上させる)製造コストを下げる努力をする。

その内、限界が来るのでは?。
どうも悪循環だ。

まだまだ高齢化が進み、老人介護も増え、病人も増える。
その中で一番の貧乏くじを引くのが、弱者である老人・病人?。
そうならないことを祈ろう。

この問題は、今の日本が抱えている問題の一つでしかない。
頑張れ、日本!。

難しい事を考えたので頭が痛い。
これも病気か?。




AUTHOR: ひまりん DATE: 06/29/2004 10:05:18 はい、病気です。(きっぱり…)
まじめな話もいけるんですねぇ。(笑)
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

tmiyagiさん、コメントありがとうございます。私個人としては、負担増加はちょいと困りますが、現実的には一番の特効薬かもしれませんね。難しい問題ですね。
 
プロフィール

ハッピーエンド?

Author:ハッピーエンド?
doblogからの引越しです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。