スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

別腹という謎の胃袋を持つ御婦人との接近遭遇

【はじめに】
人間には、胃袋という臓器は一つしかない、という事は皆さんご存知だと思います。
その胃袋の大きさは人それぞれで、収容量についても個人差があると思われます。

しかし、世の中には、自称「別腹」という謎の胃袋を持つ御夫人方が多数存在するのも、一般論として既知の事実である。
だが、この「別腹」なる謎の胃袋は、医学的にも存在が確認された事例もなくどの部分にあるのかもわからず、推測の域を脱していない。

今回、私があるお店で、自称「別腹持ち」と思われる御夫人3人と接近遭遇し、
その会話内容を含めて摩訶不思議な体験をしたので報告します。
また、その店舗の情景は、3人の御夫人の声の大きさから、「盛夏の蝉が鳴き盛る様相」となっていた為、その御夫人達を以下のように命名いたしました。

御夫人1:少し痩せていて声が甲高い為、ミンミン蝉と命名。
御夫人2:中肉中背だが、多少脂ぎっていた為、アブラ蝉と命名。
御夫人3:見たまんまの姿から、クマ蝉と命名。


【体験談】
先日、某店舗に食事に行き、座敷部屋へと案内され、メニューを見ながら
あれこれと悩んだ末、値段も手頃でボリュームもそこそこの商品を注文する。
我々の右斜め前の座敷部屋に今回の蝉軍団が座していた。
別に会話の内容を聞きたかった訳では無いが、その声の大きさから嫌が応にも聞こえてくる。
その蝉軍団のテーブルの上には、おそらくセットメニューを注文したと思えるような大小の容器が、ほぼ空の状態で辺り狭しと並んでいた。
その会話の内容は以下のようだった。

ミンミン蝉:「あ~、もうお腹いっぱいやわ~。もう何も食べれへんわ。」

アブラ蝉:「私もやわ~、もうお腹いっぱい。」

クマ蝉:「えっ、じゃあ食後のデザートはどうすんの?。」

ミンミン蝉:「なに言うてんの、デザートは食べるに決まってるやん」 
 「それは別腹やもん」

アブラ蝉:「そうそう、デザートは別腹!。」

クマ蝉:「あ~びっくりした、デザート食べへんのかと思った。」

私:「……」
 「おいおい、さっきもうお腹いっぱいって言うてたやん」…心の声


その蝉軍団はおのおのの食べたいデザートとコーヒーを注文し、それを
口に運んでいる。
その間も蝉軍団は、噂話とか、まさに絵に描いた餅のように、食えない話とか
眉唾まがいの訳のわからない話に花が咲き誇っている。


私:「食べるか、喋るか、どっちかにせんかいっ、と心でつぶやく。」

次の瞬間、私は耳を伺い、身体が凍りつく感覚を覚える。

クマ蝉:「あ~おいしかった、これならもう一つぐらい食べれるよなぁ~」

私:「………嘘だろう。」

ミンミン蝉:「そうやな、けど、これ以上食べると太るし…」

私:「こらっ、それを言うなら、デザート食べる前に気づけよ」
 「それにお前ら、もう……」


その言葉に、妙に納得したのか、思い当たる節があるのか、はたまた今頃になって満腹中枢が働きだしたのか、定かではないが、その3御婦人達は店を出た。

【あとがき】
今回、このような場面に出くわし、「別腹」なるものの存在を改めて確認した。
中には、その「別腹」を一つと言わず二つ以上持ち合わせる御婦人の存在も稀では
あるが確認することとなった。

その「別腹」は医学的に存在は確認されていないことは前記しましたが、あるキーワードがトリガー(引き金)となって出現するのか、また人間の五感のいずれかが関与しているのか未だに、未知の部分が大きい。
存在場所としても、胃袋が二重底みたいになって存在するのか、それとも
お腹に付いている皮下脂肪の中に隠れ潜んでいるのかも解っていない。
今後の追跡調査もやりませんが、また今回のような場面に出くわしたなら
報告させていただきたいと思っております。

最後に、「別腹」を映し出す医療機器が発売されることを祈って終了とさせて頂きます。

ご閲覧、有難うございました。


AUTHOR: たれみみ DATE: 10/28/2004 10:34:38 確かに「甘いものは別腹」と言ってはばからないヒトは多いですね。
あたしは同じトコにしか入らないようで、そんな食べられないですが。
満腹になってから甘いものなんて食べたら、胸焼けしちゃいます。
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

シッポさん
う~ん、謎ですね。
そのスペースはどこから来るのでしょうか?。
別腹の謎ですね。

ひまりんには別腹ないよー。
あったらいいのにと思うことはあるけど。
ライオンだって、満腹だったら生肉が目の前にあっても
「ゲプッ」ってするだけやん?
そんな感じよ。
だーかーらー、ちっちゃくておいしいものがいいな、高級な。
おごって。(笑)

ひまりんさん
そういえば、ひまりんさんには、別腹無さそうですね。
ちっちゃくておいしいものかぁ~。
1cm角の牛肉とか、5mm角のフォアグラとか?。
思いつかんわ。
今は、募金したんで金ないぞ。(少しだけだが…)
じゃあいつお金があるかというと、永遠に無い(笑)。
すまん!。

会話がいかにも私の周りにもある事で、笑っちゃいました。
残念ながら私には別腹がなく、こっそりお持ち帰りや、1番美味しそうな所だけちょっと食べる・・です。

ぷりんちゃんさん
恐るべし、おばちゃんパワーですね。
家の嫁もこの頃別腹が出来てきたみたいで
ちょっと不安です。
加齢とともに、出来てくるのかな…とちょっと思ったりして。
そんなところです。

初めまして。
私、どこかで別腹の理由を読んだ(か誰かに聞いた)記憶があります。
甘いもの、というか大好物を見ると胃が動きだして無理矢理スペースを
作るらしいです。胃袋って感情に直結しているからあり得そうな話です。

記事見つけました。TVが元ネタでした。
http://www.ntv.co.jp/FERC/research/20010617/gimon05.html
日テレかあ。どこまで信用できるか…でも別腹は存在する気がします。

jamoneroさん
はじめまして。
記事読ませて頂きました。
凄い!、医学的にも証明されているんですね。
これが一般的に知られ、情報が蔓延したら
ここぞとばかりに、別腹持ちを理由にして
甘いものを食べまくる御夫人が現れるかも。
一種の開く直り現象…かな。
 
プロフィール

ハッピーエンド?

Author:ハッピーエンド?
doblogからの引越しです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。