スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

フィニッシュが決まらない。

昨日のブログでも書きましたが、今日も仕事に専念してました。

本番を明日に控えて、最後の戦いをしております。

ある病院で実施する説明会のプレゼン資料の作成と、そのトークのやり方、
方向性、ポイントの整理、等など。

その説明会の内容と言うのは。

「医療用具を使った、SMのやり方」…嘘?。
「よりエロティックな、医療用具の使用方法」…まさか?。
「快楽を得る為の、医療用具の選び方」…本当?。

等など・・・(爆爆爆)。

で、最後の詰めが決まりません。
やはり物事の最後が一番肝心ではないかと。

まだまだ、この内容では、フィニッシュに持っていけない。

もうひと頑張りです。

そのような理由で、明日はブログに登場出来ません。
出張です。
また明後日にお会いしましょう。

今晩中に11月の掲示板できるだろうか?。




READ MORE...

スポンサーサイト
 

実は仕事中です。

実は私、今仕事中です。

と言っても、自宅のPCでプレゼン資料を作成中です。
昼からずっとです。

で、それのトークも頭の中を駆け巡ってます。
気分は最悪…。

仕事がら、専門的な医療用語とか単語とかがイッパイあります。

禁断症状です。
それぞれの医療用語、単語が何故かエロに思えてきます。

生殖…細胞…生存率…増殖率…活性…Viability…。

普段は何も思いませんが、何故か方向が違う方向に向かってます。

で、気分転換にブログ見てます。

忘れてました、私、フェロモン促進委員会会長してました。(爆)

エロが蔓延してました。

このままでは・・・・。


READ MORE...

 

我が家の散髪事情。

私はスケベです。
自信を持ってそう言います。
だから髪の毛の伸びる速さは一等賞です。
(スケベは髪の毛が早く伸びる?って聞いたことがある)
おまけに髪の毛は根性あって硬派だし、量も多い。

だから私の頭(髪の毛)は非経済的…なんてね。
しか~し、実はとっても経済的です。
その上、VIP待遇なんですぅ。

何でかっていうと、理容師さんがデリバリーで我が家に来てくれてます。
こっちからお願いすれば。(友人なんで)
で料金も通常の床屋さんとか美容室なんかと比べても約1/3ぐらいです。
カットだけなら1,000円で、髪染でも2,000円。
これって凄くない。

本日の散髪代。

ハッピーエンド: カットのみで、1,000円。
嫁 : カットと毛染めで、3,000円。
子供二人 : カットのみで計、1,000円。(子供は半額)

以上。

どうだ、参ったか。

細かいニーズにも答えてくれるし、待ち時間もないし
TV見ながらだし、コーヒー無料だし。
デリバリーセットなるものも持参してくれるので
家も汚れないし、至れり尽くせりです。

しかし洗髪はしてくれない。(もちろんですが…)

もちろん、ちゃんとしたプロです。
ただ今は、理容師を業とせず、一般企業でパート勤務しております。
理由はよく聞いておりません。
だから、副業的な感覚で、ごく一部の選ばれし人だけが、この恩恵を
受けてます。

ガハハー。

選ばれてます、やったー。




READ MORE...

 

止めたい事、止めれない事、やりたい事、悲しい事、嬉しい事。

【止めたい事。】

・タバコ。
・パチンコ。
・今の仕事。
・重い日のブログ更新(訪問)。
・エロおやじ。

【止めれない事。】

・タバコ。
・パチンコ。
・今の仕事。
・重い日のブログ更新(訪問)。
・エロおやじ。


【やりたい事。】

・タバコ。
・パチンコ。
・違う仕事。
・ブログの更新(訪問)。
・エロおやじ。
・エッチ。

【悲しい事(時)。】

・中越地震、その他の災害。
・タバコが切れた時。
・パチンコに負けた時。
・仕事に行く時。
・ブログが重い日の更新(訪問)。
・エロおやじな事。
・エッチが出来ない事。

【嬉しい事(時)。】

・タバコが吸えた瞬間。
・パチンコに勝った時。
・仕事から帰る時。
・ブログが軽い時。
・フェロモン促進委員会の会員が増えた事。
・エッチが出来た時。
・宝くじが当たった時。(当たった事は無いが)(しかも買わない)

さあ、どっからでもかかって来なさい!。
今すぐ逃げるから!。



READ MORE...

 

別腹という謎の胃袋を持つ御婦人との接近遭遇

【はじめに】
人間には、胃袋という臓器は一つしかない、という事は皆さんご存知だと思います。
その胃袋の大きさは人それぞれで、収容量についても個人差があると思われます。

しかし、世の中には、自称「別腹」という謎の胃袋を持つ御夫人方が多数存在するのも、一般論として既知の事実である。
だが、この「別腹」なる謎の胃袋は、医学的にも存在が確認された事例もなくどの部分にあるのかもわからず、推測の域を脱していない。

今回、私があるお店で、自称「別腹持ち」と思われる御夫人3人と接近遭遇し、
その会話内容を含めて摩訶不思議な体験をしたので報告します。
また、その店舗の情景は、3人の御夫人の声の大きさから、「盛夏の蝉が鳴き盛る様相」となっていた為、その御夫人達を以下のように命名いたしました。

御夫人1:少し痩せていて声が甲高い為、ミンミン蝉と命名。
御夫人2:中肉中背だが、多少脂ぎっていた為、アブラ蝉と命名。
御夫人3:見たまんまの姿から、クマ蝉と命名。


【体験談】
先日、某店舗に食事に行き、座敷部屋へと案内され、メニューを見ながら
あれこれと悩んだ末、値段も手頃でボリュームもそこそこの商品を注文する。
我々の右斜め前の座敷部屋に今回の蝉軍団が座していた。
別に会話の内容を聞きたかった訳では無いが、その声の大きさから嫌が応にも聞こえてくる。
その蝉軍団のテーブルの上には、おそらくセットメニューを注文したと思えるような大小の容器が、ほぼ空の状態で辺り狭しと並んでいた。
その会話の内容は以下のようだった。

ミンミン蝉:「あ~、もうお腹いっぱいやわ~。もう何も食べれへんわ。」

アブラ蝉:「私もやわ~、もうお腹いっぱい。」

クマ蝉:「えっ、じゃあ食後のデザートはどうすんの?。」

ミンミン蝉:「なに言うてんの、デザートは食べるに決まってるやん」 
 「それは別腹やもん」

アブラ蝉:「そうそう、デザートは別腹!。」

クマ蝉:「あ~びっくりした、デザート食べへんのかと思った。」

私:「……」
 「おいおい、さっきもうお腹いっぱいって言うてたやん」…心の声


その蝉軍団はおのおのの食べたいデザートとコーヒーを注文し、それを
口に運んでいる。
その間も蝉軍団は、噂話とか、まさに絵に描いた餅のように、食えない話とか
眉唾まがいの訳のわからない話に花が咲き誇っている。


私:「食べるか、喋るか、どっちかにせんかいっ、と心でつぶやく。」

次の瞬間、私は耳を伺い、身体が凍りつく感覚を覚える。

クマ蝉:「あ~おいしかった、これならもう一つぐらい食べれるよなぁ~」

私:「………嘘だろう。」

ミンミン蝉:「そうやな、けど、これ以上食べると太るし…」

私:「こらっ、それを言うなら、デザート食べる前に気づけよ」
 「それにお前ら、もう……」


その言葉に、妙に納得したのか、思い当たる節があるのか、はたまた今頃になって満腹中枢が働きだしたのか、定かではないが、その3御婦人達は店を出た。

【あとがき】
今回、このような場面に出くわし、「別腹」なるものの存在を改めて確認した。
中には、その「別腹」を一つと言わず二つ以上持ち合わせる御婦人の存在も稀では
あるが確認することとなった。

その「別腹」は医学的に存在は確認されていないことは前記しましたが、あるキーワードがトリガー(引き金)となって出現するのか、また人間の五感のいずれかが関与しているのか未だに、未知の部分が大きい。
存在場所としても、胃袋が二重底みたいになって存在するのか、それとも
お腹に付いている皮下脂肪の中に隠れ潜んでいるのかも解っていない。
今後の追跡調査もやりませんが、また今回のような場面に出くわしたなら
報告させていただきたいと思っております。

最後に、「別腹」を映し出す医療機器が発売されることを祈って終了とさせて頂きます。

ご閲覧、有難うございました。


READ MORE...

 

賞味期限切れ?

最近、自分自身が大馬鹿野郎という事を、改めて再確認いたしました。

で、馬鹿はカバに食われてしまえぇぇぇ~、と。
そう思い立って、我が家の飼いカバのカバスケに食べてくれ~と
哀願し、快く了解をしてもらいました。

じゃあ食べやすいからという事になり、一気に食べて貰いました。

ところが一口食べたところで、カバスケの様子がおかしくなりました。



なんと、口から泡を吹いてしまいました。

何故?って聞くと、どうも私は腐っているらしい。

そういえば、私の賞味期限はすでに切れている。

しかも20年程前に…。

すまん、カバスケ…。


追記
8000のキリ番、フェロモン促進委員会、会員006 goodさん、ブチッと頂きました


READ MORE...

 

お詫び、そしてもうすぐ8000HITです。

訳あって、昨日のブログを消去させていただいました。
コメントを頂いた皆様、大変申し訳ございません。

で、気分を入れ替えて、もうすぐ8000HITです。
今度こそ!。
と気合をいれてますが、多分、多分、?でしょうな。


READ MORE...

 

新手の泥棒出現!。

今回、中越地震に遭われた被災地の皆様、
そして日本各地で起こっている自然災害の被災地の皆様、お見舞い申し上げます。
また、その被災地で救済にあたっておられるボランティアの皆様、
本当にご苦労様で御座います。


私の住んでいる地域も、先日の台風21号で大変な被害に遭いました。
仕事で、その地域を車で走りますが、まだまだその爪あとは大きな傷跡
なっております。
一日も早い復旧を願っております。

そんな中で、先日、耳を疑うような事件を聞きました
その地域でボランティアをされておられる方々が、相次いで泥棒の被害に
遭っている
、という事です。

以前、被災地で家族のいなくなった家屋に泥棒が入って金品を強奪する、
なんていう話は、聞いたことがあります。

しかし今回は、ボランティアをされておられる方々が被害者となっているそうです。

まあよくそんなあくどい事を…。

善意のボランティアの皆様が悪の標的になろうとは、
思いもよらず、びっくりしました。


被災地の皆様、そしてボランティアの皆様、充分にお気をつけくださいませ。




READ MORE...

 

我が家には、別の地震が…。

全くと言って不謹慎な記事です。

毎週土曜日は、子供にとって楽しみにしている事があります。
それはTVでやってるアニメを見ることです
夕方まで、友達とあそんで、夕方の6時からの事。

NHKでやってるアニメ、カスミンを見て、その後、同局でやってる
ななみをみて、またその後、カードキャプター、さくらを見ることです。

その上、今日は、別の局で7時から、ドラえもんの特別番組
あるじゃありませんか。

今日は朝から楽しみにしていた訳です。
そして予定通り、夕方まで友人と遊んでました。

親:「さあ、そろそろ6時なんで、〇〇ちゃんとバイバイしなさい。」
親:「TVでアニメ始まるしね。」

今日ばかりは、ちゃんと親のいう事を聞きます。
だって楽しみにしているTVアニメが目白押しなんで。


で、TVをつけたら…なんと新潟地方で地震のニュース。
それも、アニメが始まる数分前に発生したとの事。

親:「大変だなぁ、また地震かよ。」
親:「台風が来たばかりなのに、まただよ。」

なんて会話をしていたら…。

子供の不安そうな表情が目に映る。

子供:「カスミン、あるのかなぁ?」
親:「解らないけど、多分無理じゃない?。」
親:「じゃあ、今のうちにお風呂入ろうか。」

この時点で、我が家の震度計が微かに振り出しました。

このような会話でその場をしのぎお風呂に入れる。
で、速攻でお風呂から上がり次のアニメに間に合わせる。

しかし、まだ地震の特番を放映中。
親:「今日は見れないね、しょうがないよ。」

そういいながら、晩御飯を食べる。
さすがに、このときには、我が家の震度計も大きく振り出して来ました。

頭の中では、ドラえもんは大丈夫だろうか?
民放も特番だろうか?
と頭の中を思いがよぎる。


7時になって、ドラエもんの局にチャンネルを変えると
なんとドラえもんが始まったではないか。やったー。
子供の顔に安堵の表情が。
そして、親にも、もちろん安堵感が広がる。

震度計の振れも無くなりました。

ここから最悪の展開があろうとは、その時はまだ予想だにしてません。
およそ10分間程度、ドラえもんを見ていたところ、急に画面が…。

そうです、また地震の特番が始まりました。
それとほぼ同時刻から、我が家の震度計も大きく振り出しました。
特番の放映時間が長くなるにつれ、震度計の振りもさらに大きくなっていきます。
それでも、我が家の娘達は、けなげに待ってます。
いつか急に特番が終わって、その画面が切り変わる事を願って…。

しかし無常にも、その願いがかなえられる事はありませんでした。

途中から、その大きな目から涙は零れ落ちるし、大声で喚き散らすし、
足と手をバタバタ床に打ちつけ、暴れだすし。


しょうがなく、他のビデオで誤魔化し、なんとかなだめてその場を凌ぎました。

分別のある大人は、もちろん解ってます。
地震の事も、情報を提供してくれる各メディアの事も。


だけど、だけど…。

今日の地震に被災地の皆様、心からお見舞い申し上げます。
そして、その地域に、知人、友人、ご家族のおられる方、
その心中、お察し申し上げます。

そして不謹慎で、すみません。


追記:もうすぐ7777のキリ番です。
今見たら7769でした。
キリ番踏まれた方、足跡お願いいたします。


READ MORE...

 

親バカ日記。

すみませんが、親バカ日記です。
このブログでもたまに登場しますが、私には二人の娘がおります。
5歳(保育園年中さん)と8歳(小学2年生)の。
で、5歳の娘は、私の遺伝子を脈々と受け継いでおり、お調子者です。
これはこれで(これかよ)可愛いのですが、今日の親バカは8歳の娘ネタです。

なんと小学2年生の後期の学級委員に任命されました。
パチパチパチ~。
経緯を説明しますと、基本は立候補となります。
それで立候補が多数の場合はその立候補の中から選挙をするそうです。
女子7人が立候補し、選挙が行なわれたそうです。
そして我が娘が、トップとなり、見事、学級委員に任命されました。
私、妻とも大喜びで、本人を褒め称えました。
ところが当の本人はケロッとして、こう言いました。
「〇〇は絶対、学級委員になると思っていた」…とこんな事を平然と。
理由を聞くと、対した理由も無く、1年生の後期の時も学級委員やったし、
なれると思った…らしい…です。


そうなんです。
1年生の時も、同じように学級委員に立候補し、選挙で選ばれています。
「だから?」と聞いても、「だから」と答えます。
なんという自信家なんだ。

本人、学級担任、曰く、我が娘は超人気者のモテモテらしいのです。
それも男女とも。

この子には私の遺伝子が入ってないのか?。

その他にも、「かきかた」で上手に書けた事が評価され、近くの小学校(4校)に
見本として回覧されたり
、この夏に書いた読書感想文でも評価され今度、校内放送で本人が朗読するらしいのだ。

妻の遺伝子も入ってないのか?

じゃあ誰の?。

とにかく親がやったことのない、学級委員を2年連続任命された娘。
親バカと言われようが、私の自慢の娘です(今は)。
で、その父親である私は、フェロモン促進委員会、会長…です。(自爆)
娘には自慢の父親で無い事は確かだ。(ひょっとして汚点か)


READ MORE...

 
プロフィール

ハッピーエンド?

Author:ハッピーエンド?
doblogからの引越しです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。